自分の車を保障対象にできるのが、車両保険となっていますが、加入するか否かは、バランス感覚が大事であるようです。

車保険の加入のススメ
ENTRY
車保険の加入のススメ

自分の車も守りたい

ドライバー自身をも保障にしている自動車保険として、搭乗者傷害保険について、すでにお話しています。
同乗者も含まれるため、家族でドライブに出かけたり、あるいは、仕事で利用する場合も、非常に重要な保険となります。
しかし、人ばかりでなく、ドライバーが利用している車自体をも保障できれば、より安心感が増すでしょう。
それに該当するのが、車両保険となっています。
交通事故といえば、対人あるいは対物をイメージし、相手がいることが、当然のように感じます。
しかし、実際は、交通事故には、対人や対物ばかりではないようです。
広義では、自分で自分に起こしたものも、交通事故です。
つまり、自損事故も、交通事故の一種となります。
典型的なものでは、車庫入れの失敗により、車を傷つけてしまったケースなどがあります。
ベテランドライバーであれば、心配ないこともあるかもしれませんが、それでも、状況によっては、車庫入れに失敗する可能性もあります。
あるいは、狭い道路で曲がりきれないこともあるため、その場合でも、車を傷つけるケースもあります。
色々なケースで、自分の車を自分で傷つけてしまうこともあります。
あるいは、車両保険でも、対物賠償となるケースもあります。
ただし、車両保険が下りるには、相手が特定できている必要があります。
仮に追突事故が起き、相手が認めたので、そのまま許してしまい、その場で口頭の合意ができ、相手の氏名などを控えていなければ、保障されないようになるようです。
これは、実際にあったケースのようです。
もっとも、車両保険が多用されるのは、やはり、自損事故の場合のようです。
先で触れている車庫入れなどが、最も該当することでしょう。
しかし、できるだけ自動車保険に対するコスト軽減を目指すために、車両保険に加入するか否かが問題となります。
ドアを傷つけただけであれば、保険を使わなくても、十分修理代を支払えるからです。
そのために、月々の保険料を支払うのが、果たして適切なことであるのか否かが、問題でもあるようです。
この点については、十分注意すべきでしょう。
なお、車両保険と言っても、車種で加入できないと言うわけではありません。
ただし、保険会社のグレード制には関係するため、保険料が変わる可能性もあります。
この点については、十分承知しておくべきでしょう。
今では、インターネットでも、グレード制について説明がなされています。
そういうサイトをきちんと確認しておくことも、大事なことでもあるようです。