同乗者やドライバー自身も保障対象となっているのが、搭乗者傷害保険となっています。

車保険の加入のススメ
ENTRY
車保険の加入のススメ

乗っている人全員を保障

車には、ドライバーのみでなく、同乗者もいることでしょう。
仕事で利用する場合もあれば、友人知人、あるいは、家族で同乗することもあります。
一人で運転するよりも、楽しいひとときを過ごすことができるため、多くの人が趣味のようにしていることでしょう。
けれども、仮に同乗者がいる状況で、交通事故に遭遇しても、自賠責保険や任意の対人賠償保険では、同乗者のケガなどを補償することができません。
仮に被害者となっても、あるいは、加害者となっても、同じようになります。
このため、同乗者をも補償する任意の自動車保険への加入が必要になります。
それが、搭乗者傷害保険になります。
ケガ、あるいは、生涯に渡る障害、さらには、死亡時でも、保険金が下りるようになります。
しかも、特約付けることで、医療保険のような保障を加味することもできます。
医療保険にも色々なものがありますが、各商品で共通しているのが、入院保障になります。
入院した際に給付金として支給されるものです。
通常、契約時に一日の給付金を設定することになりますが、搭乗者傷害保険でも、それに準じるかもしれません。
加入時にきちんと確かめることもまた、大事なことでしょう。
いずれにせよ、自賠責保険や対人賠償保険では、相手に対する保障となっています。
自分の身の回りに関しては、搭乗者傷害保険のようなものがなければ、保障されないということです。
もっとも、車を所有するということは、当たり前のことでありながらも、税制上などでは、贅沢品の所有と同様であり、別途自動車用の税金などがかけられています。
また、自動車保険でも、強制の自賠責保険があるということは、それだけ、ドライバーの責任が必要になると言えます。
すでに言及していることでもありますが、車は諸刃の剣でもあり、便利でありながらも、時によって凶器のようになります。
このため、ドライバーに大きな責任が伴うことは、致し方のないことでしょう。
しかし、同乗者がいれば、必ずしも、同乗者に責任を負わせることはできません。
第一義は、車の所有者であり、その次に、ドライバーになるかと思います。
やはり、車を持つということは、社会的には、大きな責任が必要であるということです。
なお、搭乗者の中には、ドライバー自身も含まれています。
先でもお話しているように、車を持つということは、それなりの責任が伴いますが、ドライバー自身を守ることもまた、いざという時に責任を果たすためにも、大変重要なことでしょう。
搭乗者の中にドライバーが含まれることは、意義のあることだと思います。
また、搭乗者傷害保険への加入には、車種の区別などは関係ありません。
いずれの車種でも、加入が可能となっています。