限りのある自賠責保険を補う意味でも、任意の対人賠償保険への加入が大事です。

車保険の加入のススメ
ENTRY
車保険の加入のススメ

補足で必須の対人賠償

強制保険のことについては、すでに言及しています。
すなわち、どんな車種であっても、加入が義務づけられ、対人賠償のみを保障している自賠責保険に加入することです。
ケガはもちろん、生涯に渡る障害へも保障されています。
あるいは、死亡させてしまった場合も、自賠責保険の保障対象です。
被害者救済が目的ですが、ある意味、ドライバーを守ることにもつながっているのでしょう。
けれども、自賠責保険では、まかないきれないケースがあります。
ケガであっても、あるいは死亡させてしまった場合も、人に対する危害に関しては、金銭で償いをするようになりますが、天井知らずの面があります。
したがって、限度額が数千万円程度では、自己負担をせざるを得ないケースもあります。
言い方を換えれば、自賠責保険とは、最低限の人への補償を担保している、ということでしょう。
このため、自賠責保険を補うために、任意の対人賠償保険への加入が大事であるようです。
限度額を設定できますが、無制限のものが適切であるようです。
一説によれば、自賠責保険、無制限の対人および対物賠償保険に加入することは、ドライバーの最低限の保険加入、とのことです。
少なくとも、可能性が高くなる交通事故による危害に対し、おおむねカバーができるようです。
もちろん、保険に頼るばかりでなく、運転マナーを守ることもまた、ドライバーの義務のようなものでしょう。
いずれにせよ、任意の対人賠償保険に加入することで、自賠責保険を補完することが、重要であるようです。
しかし、ここで疑問に思うことがあるでしょう。
なぜなら、無制限の対人賠償保険に加入していれば、自賠責保険は不必要では、ということです。
確かに、無制限であるため、制限のある自賠責保険に加入することは、無駄のように見えます。
しかし、自賠責保険は、法律で加入が義務づけられ、なおかつ、対人事故に関しては、まず先に自賠責保険が適用されます。
それで補償できなければ、任意の対人賠償保険が利用されます。
つまり、対人事故に関しては、自賠責保険ありき、から始まることになります。
したがって、無駄に見えるようでも、自賠責保険は、非常に重要なものとなっています。
仮に自賠責保険に加入していないのであれば、刑事事件へと発展してしまい、なおかつ、高額な賠償金を背負う可能性もあります。
そうならないためにも、自賠責保険と無制限の対人賠償保険は、セットとして利用することが望ましいことを、十分認識しておくべきなのでしょう。