強制保険である自賠責保険は、法律で加入が義務づけられている自動車保険です。

車保険の加入のススメ
ENTRY
車保険の加入のススメ

強制の自賠責保険

社会の中で生活しているのであれば、種々の義務が発生します。
たとえば、税金が典型的なものでしょう。
所得があれば、必ず所得税が掛かるようになっています。
車を持っても、自動車税や軽自動車税があります。
したがって、車特有の税金を支払うことが求められます。
しかし、税金以外でも、車を持っていることで、義務化されているものがあります。
それが強制の自動車保険です。
これは、自賠責保険を意味し、どんな車種でも加入するようになりますが、対人賠償のみとなっています。
人にケガをさせた、あるいは、死なせてしまったという場合に、保険金が下りるようになっています。
被害者救済の意味で設けられたもので、仮に加入しないということであれば、道路で走行させることはできません。
また、自賠責保険証は、常時提携していることが求められています。
あるいは、保障期間が過ぎていても、走行させることができません。
仮に警察官に自賠責保険証提示を求められ、それができなかったり、あるいは、保険証の保障期間が過ぎていれば、厳しい罰則が設けられています。
これはきちんと守るべきでしょう。
しかし、自賠責保険では、限度があると言われています。
支払限度額が数千万円程度であり、たとえ終身傷害を追わせたとしても、限度額以上のお金になれば、自賠責保険の保障対象外です。
もし任意の保険に加入していなければ、限度額以上のお金は、すべて自己負担となります。
このため、自賠責保険だけ加入していれば、運転などに支障はないですが、車の特徴を考えれば、任意保険に加入しておくことも、重要であるようです。
中には、自賠責保険とともに、無制限の対人と対物賠償保険に加入しておくことが、義務のようでもある、と述べている人がいます。
しかも、それが最低限とも述べています。
今では、保険会社からセットのような形で商品化されています。
そうなれば、保険料支払いも、容易になる可能性があります。
この点もまた、効率化につながることであり、一考の余地があることでしょう。
なお、自賠責保険は、民間保険会社から提供されています。
年単位での保障期間であり、最低は一年間となっています。
また、保険料支払いは、年毎に支払うようになっています。
しかし、買取をするのであれば、車に対する自賠責保険となるため、自分が加入しているものもまた、売却する車に付随させる形となっています。
この点を十分考慮することで、高価買取につながることになるようです。
つまり、自賠責保険の保障期間もまた、査定額に影響を与えるケースがあるということです。