保険は、相互扶助に基づきながら運用され、自動車保険であっても、同様となっています。

車保険の加入のススメ
ENTRY
車保険の加入のススメ

保険の基本も復習

自動車保険のことについて、重要なものをピックアップした形で、説明してきました。
車種などに関係なく、車を所有していれば、加入できるのが、自動車保険です。
もちろん、強制の自賠責保険もあるので、自由意思で加入するのは、任意の自動車保険となっています。
けれども、そもそも保険とは、どういうものかを理解しておくことも、大事なことでしょう。
まず、保険は、相互扶助で成り立っています。
これは、保険の共通事項でもあり、社会保険でも民間保険でも同様です。
もちろん、自動車保険も、相互扶助に基づいています。
相互扶助とは、加入者が保険料を支払い、それの保険料を現在必要としている加入者に保険金をして支払うことです。
もちろん、自分が該当すれば、そのシステムに基づいて保険金を受け取ることになります。
古代から保険があったとのことですが、相互扶助に基づくことでは、今と変わらないようです。
しかし、現在のような近代化した保険では、商品という形で販売され、なおかつ、複雑化した社会でもあるので、純粋な形での相互扶助では、保険を維持できないようです。
このため、保険料も二段階なっているとのことで、保険金に適用されるものと事務費用などに利用されるものがあるようです。
事務費用の中には、保険会社の収益も含まれています。
また、保険金を捻出するため、保険会社は、保険料の運用を積極的に行っています。
株式などの投資を行い、いつでも保険金を支払える形としているようです。
これは、保険が金融の一部と見なされることの根拠でもあり、自動車保険以外の保険の中には、加入者が運用できるものもあるようです。
保険金を増やすことが可能ですが、投資に利用できるお金には、限界があることも確かです。
あくまで保険であることが、主要目的となっています。
また、今の保険は、三つのカテゴリーに分かれています。
生命保険、損害保険、第三分野保険です。
自動車保険は、損害補償に利用されるため、損害保険の一部となっています。
かつては、生命保険と損害保険しかなく、しかも、相互で相互の商品を販売できませんでした。
しかし、1990年代後半の日本版金融ビッグバンにより、保険業法が改正され、それまでの垣根が取り払われるようになりました。
また、価格の自由化も認められたため、それまでに考えれなかったような価格で、販売されています。
自動車保険でも、低価格のものがあり、なおかつ、セットとなっているものもあります。
インターネットなどを使い、調べることも可能となっています。

イチオシサイト